HOME > 新着情報 > 工藤電機の超高安定化電源技術についての発表が、先端加速器科学技術推進協議会(AAA)技術部会にて行われました。

工藤電機の超高安定化電源技術についての発表が、先端加速器科学技術推進協議会(AAA)技術部会にて行われました。

2016.03.29

工藤電機では、他に類を見ない0.1ppm(1/1000万)という超高安定度電源の開発に成功し、超高解像度電子顕微鏡用として現在使われています。
超高解像度電子顕微鏡用電源の製品情報はこちら。

2016/3/29 に開催された先端加速器科学技術推進協議会(AAA)技術部会では、工藤電機が超高安定化電源の開発に至った経緯、技術的な工夫、今後の課題などについて講演を行っています。
講演資料はこちら。

先端加速器科学技術推進協議会のページへ
 

  • 一覧に戻る

納入実績

(C)RIKEN

主要納入先

  • 研究開発センター
  • 公益財団法人 高輝度光科学研究センター JASRI
  • 大型放射光施設 SPring-8
  • X線自由電子レーザー(XFEL)施設 SACLA
  • 株式会社イーセブンジャパン

Page Top

Copyright © KUDO ELECTRIC CO.,LTD. All Rights Reserved.